ホーム > 新着情報・お知らせ

2017年12月4日 / お知らせ

下記のとおり、当センターMR医学部門長の椎野が認知症学会でポスター発表をしました。

第36回日本認知症学会

【日時】  2017年11月25日(土)

【会場】  ANAクラウンプラザホテル金沢

【発表内容】 人工知能によるMR画像からのprogressive MCIの予測  2017認知症学会ポスター

2017年11月8日 / お知らせ

11月6日(月)に大津地方裁判所裁判員候補者待機室に於きまして、大津地方裁判所、大津家庭裁判所、大津簡易裁判所ご所属の裁判官及び一般職員の方々を対象に開催されました『平成29年度専門訴訟事件等の特殊事件のための研究会』で、MR医学部門長の椎野が講演をいたしました。

【認知症の発生と認識・行動への影響について】と題し、認知症と社会生活について、また様々な認知症の原因と症状について、臨床医及び研究医の立場から約30名のご聴講者に向けてお話ししました。

講演の最後には活発な質疑応答がなされ、和やかな雰囲気の中閉会となりました。

ご聴講いただきました皆さま、またこのような機会をいただきました大津地方裁判所のご担当者様に、この場をお借りして深く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 資料はコチラ→ 大津裁判所プレゼンテーション-3(資料用)

2017年10月27日 / お知らせ

10月13日(金)に附属病院二階第二会議室に於きまして、患者様とそのご家族、及びご興味のある地域の方々を対象に、『もの忘れセミナー』を開催いたしました。

大津警察署交通一課の交通官であられます計良さんに、『認知症患者の運転全般について』と題して約1時間ご講演いただきました。

高齢ドライバーの事故事例から、高齢者講習の具体的な内容や認知機能検査から免許取り消しになるまでの流れ等疑問点をわかりやすくお話しいただきました。免許取り消しや返納後の行政の支援についても、問題提起をしていただく良い機会となりました。

ご講演いただきました計良様、またご聴講いただきました皆さまに、この場をお借りして深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

  

2017年9月25日 / お知らせ

☆お知らせです☆

当教室の椎野顯彦准教授の著作物が発行されましたので、是非ともご一読ください。

内容はコチラから↓

https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-4-431-55133-1_7

2017年9月11日 / お知らせ

下記のとおり、当センターMR医学部門長の椎野が講演いたします。

ご興味がおありの方は、お運びくださいませ。

第45回日本磁気共鳴医学会大会

【日時】  2017年9月15日(水)15:20~16:30

【会場】  栃木県総合文化センター http://www.sobun-tochigi.jp/

【講演内容】発症前アルツハイマー病の予測:VBMによるconverterとnon-converterの鑑別

【大会URL】 http://procomu.jp/jsmrm2017/program.html

2017年8月25日 / お知らせ

 8月25日(金)に附属病院一階多目的室に於いて、患者様とそのご家族、及びご興味のある地域の方々を対象に、『もの忘れセミナー』を開催いたしました。

今回は、おうみ法律事務所ご所属の弁護士であられる印南真吾先生に、『認知症患者の後見人制度について』と題して、ご講演いただきました。

成人後見人が必要な場合や成年後見人制度の役割まで、非常にわかりやすくお話しいただきました。

また、認知症患者が徘徊中に鉄道の駅構内に侵入して鉄道事故に遭った裁判のケースなど、昨今ニュースでよく耳にするような事件・事故を例に挙げていただき、聴講者の方も興味深く聞き入っておられました。

講演後には活発な質疑応答が行われ、我々の疑問を解消していただく貴重な機会となりました。

ご講演いただきました印南先生、またご聴講いただきました皆さまに、この場をお借りして深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

当日の資料はコチラです→ 資料

2017年7月7日 / お知らせ

神経難病研究センター(MR医学研究部門)では、J-ADNIのデータを用いて、MR画像で早期診断やアルツハイマー病の発症予測を人工知能を用いて予測する研究をしております。
この研究は本学の倫理委員会の承認のもとに実施され、NBDCの審査も受けて実施されます。
この研究に関する問い合わせは、hqbioph@belle.shiga-med.ac.jpにお願いします。

2017年6月23日 / お知らせ

平成29年6月19日(月)に附属病院二階第二会議室に於いて、患者様とそのご家族、及びご興味のある地域の方々を対象に、『もの忘れセミナー』を開催いたしました。

今年度は初回となる今回は、医療法人社団瀬田川病院の院長代行であられる青木浄亮先生に、『精神科医からみた認知症のあれこれ~入院診療も含めた在宅支援~』と題して、ご講演いただきました。

認知症の種類の説明や、認知症患者や家族へのサポート等、非常にわかりやすくお話しいただきました。

ご講演いただきました青木先生、またご聴講いただきました皆さまに、この場をお借りして深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

※読売新聞から取材があり、記事が掲載されました→ 新聞掲載記事

※次回は8月25日(金)「認知症患者の後見人制度について」 弁護士の先生にお話しいただく予定です。ご期待ください。

2017年6月12日 / お知らせ

平成29年6月10日(土)に滋賀医科大学教職員ロビーに於いて『第2回VBM・BAADセミナー』を開催いたしました。

今回は、立命館大学 情報理工学部画像・音メディアコースの助教であられます岩本祐太郎先生を講師としてお迎えし、「機械学習と深層学習」についてご講演いただき、講演後には聴講された先生方より活発な質疑応答がありました。

その後、当センター准教授の椎野顯彦を講師として、「VBMと新しいBAADの説明」や、附属病院での実演の見学等を行いました。

第2部と3部の間のコーヒーブレイクの時間を利用し、約20名の参加者の皆さまと貴重な意見交換の場を持つこともできました。

今回も、遠路はるばる鹿児島県からご参加いただいた先生もおられ、お蔭さまをもちまして盛会裏に終了いたしました。
当日は何かと不行き届きの点があったかと存じますが、何卒ご容赦いただきますよう、お願いいたします。
ご協力いただきました関係者の皆様、ご多忙中にも関わりませずご遠方よりご参加いただきました多くの皆様に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

講義中の様子

2017年5月1日 / お知らせ

【第2回VBM・BAADセミナー】の開催が決定いたしました。
ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせのうえご参加賜りますよう
何とぞよろしくお願い申し上げます。

 
【開催時期】  2017年6月10日(土) 13:00~16:00
【開催場所】  国立大学法人滋賀医科大学 基礎棟2階 教職員ロビー
【参加費】   無料
【内容】    予定・・・VBM一般にかかわるQ&A、共同開発等
Ver.4.2 BAADの使い方、実演等

【申込先】   国立大学法人滋賀医科大学 神経難病研究センター(MR医学研究部門)
事務:077-548-2195

【その他】   交通費、宿泊費等は自己負担となります

 

1 / 4123...最後 »