ホーム
分野紹介
スタッフ紹介
研究概要
撮像集
受託研究
解析ソフト
アクセス
ホーム > 分野紹介
分野紹介
分野紹介について
MR医学研究分野概要
当教室は、核磁気共鳴法(MRイメージ、MRスペクトロスコピー) などの非侵襲的手法を用いて、脳をはじめとす る諸臓器の 生理的及び病態的な動態をモニターできる、先進的診断法の開発に関する 研究を推進することを目的としています。最近では、診断の分野だけではなく、MRをガイドとする低侵襲手術・ インターベンションなどの治療分野の研究にも積極的に 取り組んでいます。
MR装置いろいろ
当教室では、多様なMR装置を用いて、研究を行っています。 中でも、2004年に入り、国内で最大口径となる、 「超高磁場(7テスラ)動物実験用 MR装置」を導入しました。
装置導入風景
写真 装置導入風景
装置を使用した研究風景
写真 装置を使用した研究風景




それ以外に以下のようなMR装置を用いて研究を行っています。
術中監視用  0.5T SIGNA SP/i
写真 術中監視用 0.5T SIGNA SP/i
写真 術中監視用 0.5T SIGNA SP/i
臨床用 1.5T SIGNA LX
写真 臨床用 1.5T SIGNA LX
 
臨床研究用MRRSコンソール
写真 臨床研究用MRRSコンソール
臨床研究用局所傾斜磁場コイル
写真 臨床研究用局所傾斜磁場コイル
研究論文
基礎研究
臨床研究
受託研究
大学院生募集
受託研究ご意見・お問合せ
各書申請書のダウンロード